茨木市総持寺の整形外科・リウマチ・骨粗しょう症・リハビリ・ペインクリニック・スポーツ整形外科

電話予約 電話予約 WEB予約 WEB予約
診察時間 診察時間
診療時間 日/祝
9:00~12:00 13:00
まで
16:00~19:00

※休診日:水曜日午後、土曜日午後、日・祝
※電話受付:8:45~12:00 / 15:45~19:00 / 土曜日のみ 8:45~13:00

診療時間 日/祝
9:00~12:00 13:00
まで
16:00~19:00

※休診日:水曜日午後、土曜日午後、日・祝
※電話受付:8:45~12:00 / 15:45~19:00 / 土曜日のみ 8:45~13:00

LEGS PAIN/NUMBNESSあし(下肢)の痛み・しびれ

あし(下肢)の痛み・しびれLEGS PAIN/NUMBNESS

こんな症状ありませんか?

  • 足や足首、かかとが痛い
  • 足が上がらない
  • 足がよくつる
  • 足の親指が腫れている
  • 下腿の安静時痛がある
  • 足がしびれる
  • 外反母趾
  • 母趾と第2趾が重なっている
  • 下腿がむずむずする

このような症状やお悩みがある方は当院にご相談ください。

MEDICAL TREATMENT当院の診療について

当院では、症状に応じてレントゲンや超音波機器(エコー)、血液検査、必要な患者さんには他院でMRIやCT撮影を行い、痛みの原因を可能な限り正確に診断致します。

あし(下肢)の痛み・しびれ

足(下肢)の痛みには、スポーツなどの外傷によるものと年齢的な変化(変性)による障害、脊柱管狭窄症のような腰椎レベルの障害があります。

スポーツ外傷で障害が起こりやすい部位なので早期復帰のためには迅速で正確な診断・治療が必要です。

痛風による母指の付け根(MTP関節)の痛みや関節リウマチによる足趾及び足関節の障害など免疫や内分泌に関わる疾患が隠れていることがあります。前足部、中足部、後足部(足関節)の変形が高度になってきた場合は手術をお勧めします。

外反母趾や扁平足では装具外来による介入が有効なことがあります。

リハビリテーションでは温熱療法、筋力トレーニングを提供します。ペインクリニックでは関節内注射や鎮痛剤、エコーガイド下ハイドロリリースを提供します。

DISEASE代表的な疾患

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは
腰椎の椎体はその間にある椎間板という組織が介在しています。椎間板は軟骨でできた線維輪とその中心にはある髄核から構成されており、髄核が線維輪を突き破ったり、線維輪自体が突出して神経根(神経の枝分かれ)を圧迫することにより神経根症状が生じます(片側下肢のしびれ感、疼痛、筋力低下など)。神経根の支配領域が明確であるため、しびれている場所や低下している筋肉からどの部位が障害されているかの予想ができます。巨大なヘルニアが馬尾神経全体を圧迫すると馬尾症状(両下肢のしびれ感や痛み、間欠性跛行、膀胱直腸障害など)を呈することもあります。
腰椎椎間板ヘルニアの治療
鎮痛剤や腰部牽引、腰部硬膜外ブロックまたは仙骨硬膜外ブロックなど保存療法で十分な効果が得られないときには手術療法が勧められます。一方で進行性の下肢麻痺や膀胱直腸障害が生じているときは緊急性を要することがあります。古典的にはLOVE法で椎間板切除を行ないますが、鏡視下手術や経皮的椎間板に薬物注入する方法(へル二コア)など低侵襲手術も可能です。

腰部脊柱管狭窄症

概要
加齢による変性のため脊柱管内の黄色靱帯の肥厚、椎間板の変性による突出、椎間関節の変性により脊柱管の狭窄が生じて脊髄神経(馬尾神経)を圧迫するため、神経への血流が低下することで生じます。
典型的な症状としては間欠性跛行(歩くと両下肢がしびれてきて休憩が必要となります。前屈位にて軽快する)があります。
症例によっては安静時の下肢痛やしびれ感、膀胱直腸障害が出現する事があります。
診断にはX線、CT,MRIが重要です。薬物療法やブロック療法が効果的ですが、治療抵抗性の場合は手術が必要となります。

扁平足

概要
足の裏のアーチが低下することによっていわゆる土踏まずが低下する病態を偏平足といいます。
足底部の痛みやだるさ、疲れやすいなどの症状や足底腱膜炎、外反母趾、内反小趾、膝・股関節痛などの原因となることがあります。

もともと土踏まずが形成されにくい後天性のものと、後天性のものがあります。

後天性のものはけがや肥満、運動不足や過剰な運動が原因で生じ、中高年で生じるものは後脛骨筋不全で生じるものが多いです。

診断はレントゲン所見で土踏まずを測定したり、身体所見では立位で足部が外旋している(too many sign)などが用いられます。

基本的には靴やインソールの見直しやストレッチによる対症療法が主ですが、高度な偏平足には手術療法が選択される場合があります。

足底腱膜炎

概要
足底にある足の縦アーチを形成している足底腱膜と踵骨との付着部での炎症が原因で生じる疾患です。
歩行時踵部痛を訴える方が多く、安静で軽快します。
脊椎関節炎における付着部炎との鑑別が必要です。レントゲン所見では圧痛部位に骨棘形成が生じていることがあります。
治療としては安静、ストレッチ指導、足底版の作製、ステロイドの局所注射などがありますが、十分な効果が得られない場合は鏡視下滑膜切除も有効です。
体外衝撃波疼痛治療装置(ドルニエ)も有効です。

脊椎手術後のしびれ

準備中です

モートン病

準備中です

外反母趾

準備中です

変形性足関節症

準備中です

足関節捻挫

準備中です

足根洞症候群

準備中です

痛風

準備中です

母趾種子骨障害

準備中です

有痛性外脛骨

準備中です

足底線維腫(リダーホーズ)

準備中です

RESERVEご予約はこちら

〒567-0801
大阪府茨木市総持寺1丁目3-2
総持寺クリニックビル3階
     診療時間